7月 万葉苑便り

2019年7月14日

7月14日 (日) は梅雨の最中の奉仕日でしたが、案の定昨日からの雨模様。
この日、市民大清掃日と重なっていましたが共に中止となりました。

この日予定していたミニ講座の題目は

 「ぬばたまの 黒髪山のやますげに 小雨降りしき しくしく思ほゆ」

   柿本人麻呂歌集 (巻11~2456)

「ヤマスゲ」は一名「リュウノヒゲ」 その実は濃い碧色でビードロと言って女の子が持ち遊び、男の子は竹鉄砲の弾にして遊んだ。
歌は「黒髪山の山菅に、しきりに小雨が降り続いている。あの降りしく小雨さながらに、私はあの人のことを想っている」と。

この五月、新年号「令和」が決定しました。国書の万葉集からの出典という事で話題になり、万葉苑では下記のような説明札を立てました。

新元号「令和」に決まりました。(新元号は二四八番目の元号です)
平成三十一年四月一日、政府は新しい元号を「令和」と決定しました。
「令和」の出典は「万葉集」から引用されました。
元号の出典が日本の書物(国書)となったのは初めてです。
出展となった万葉集の巻五「梅の花の歌三十二首」の序文には、

 初春令月、気淑風和、梅鏡前粉披、蘭珮後香薫

とあります。

読み:初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、
 蘭は珮後の香を薫す。 (大宰府師 大伴 旅人作)
意味:初春のよい月です、空気はよく風は爽やかに、梅は鏡の前の美女が
 装う白粉のように開き、蘭は身を飾った香のように薫っています。

新しい時代が希望と喜びに満ちた良い時代でありますよう願っております。

 平成三十一年四月一日  愛媛万葉苑保存会

愛媛万葉苑 新看板

新元号 令和

(文責:藤原)

愛媛万葉苑保存会 令和元年総会終わる ~新会長決まる~

2019年7月12日

令和元年度の愛媛万葉苑保存会総会は、令和元年7月10日11:00から護国神社旧社務所で開かれました。

総会は土居会長のご挨拶の後、恒例により土居会長が議長となり議事が進行しました。自己紹介の後、平成30年度の事業報告並びに決算報告があり、異議なく承認されました。事業報告の中で「愛媛万葉苑保存会」が3月の県遺族大会の席上、県遺族会会長並びに英霊に応える会々長連名の感謝状を受領したことの報告がありました。

感謝状

続いて今井担当から決算書の説明がありました。以上2議案共に異存なく議案通り承認されました。
続いて令和元年事業計画案と予算案の審議があり、これも原案の通り承認されました。なお、今年度事業として、新年号令和の解説立札を設置したことを報告。
この後、土居会長から会長辞任の申し出があり、事情止むを得ないと了承。会長から後任会長推挙の提案があり、これを諒承し新会長が決定しました。
新会長は南海放送KKの前専務、現同社の常任監査役の秋川啓人(ひろと)氏です。土居会長には13年間の長きに亘ってご指導いただきました。全員で感謝の意を表し全員一致で顧問就任を決定しました。その後、秋川新会長から就任のご挨拶があり閉会しました。
なお、その席で八木理事(万葉苑開設の功労者八木繁一氏ご令孫)から多額の御寄付の申し出があり、秋川新会長が受領し御礼を申し上げ、ご趣旨に沿って大切に活用させて頂くことと致しました。
なお、新会長の秋川さんは「にぎたつ万葉歌碑」の刻字を担当された愛媛の名工大谷伊三郎氏のご令孫です。

総会

(文責・藤原)

令和元年 第53回愛媛万葉祭

2019年5月13日

令和元年の第53回愛媛万葉祭が終わりました。
去る5月5日午前11時から、凡そ80名の参加者を迎えて、令和時代初の「第53回愛媛万葉祭」が盛大に催されました。当日は新緑の滴るような五月晴れの好天気に恵まれました。

始めに護国神社拝殿で額田照彦宮司により神事が催行された後、例年通り清吟道吟友会の(吟詠)宇都宮清克さんと(尺八献奏)元岡清專さん、紫雲館吾妻流安東翆玲さんの舞「額田王」、古武道「神道夢想流杖術」が、愛媛杖の会(打ち太刀)錬士六段藤田和男さん、(仕杖)錬士四段一色剛志さんにより、それぞれ荘重・華麗に奉納されました。

第53回愛媛万葉祭
第53回愛媛万葉祭

続いて新装なった御幸殿で、記念講演会と直会が始まりました。
始めに土居会長から主催者挨拶の後、来賓代表森高康行県議の祝辞を頂きました。ついで元陸上自衛隊東部・西部方面総監、現愛媛偕行石鉄会長の重松恵三夫先生から「我が国最近の防衛情勢について」と題された講話を頂きました。この日の前日には北朝鮮による複数の「飛翔体」を日本海に向け発射するなど緊迫した情勢下、「日本の対応策」では現行憲法の下では何もできない。早急な憲法改正と、平和安全法制の整備が必要たと、非常に有益なご講演を頂きました。

第53回愛媛万葉祭
第53回愛媛万葉祭
第53回愛媛万葉祭

そのあとは、参加者揃っての直会・懇親会に移り、優雅なひと時を過ごすことができました。

(愛媛万葉苑保存会常任理事 藤原茂)

 

2016年5月5日愛媛万葉祭

2016年5月17日

5月5日午前11時から
新緑の滴るような好天気のなか、愛媛護国神社神殿に凡そ100名近い参加者を迎えて「第50回愛媛万葉祭」が催されました。

まず護国神社拝殿で額田照彦宮司により神事が催行された後、清吟道吟友会の吉野清萌さん(献吟)元岡清專さん(尺八献奏)と、紫雲館吾妻流安東翆玲さんの舞「額田王」、古武道「神道夢想流杖術」が、愛媛杖の会錬士六段・藤田和男さんと三段・一色剛志さんにより、それぞれ奉納されました。

CIMG3259

続いて西参列殿へ会場を移し、正岡子規研究所主宰・造園家・樹木医である正岡明氏(正岡子規家令孫:妹律の孫)から「子規と植物」と題された講話を頂きました。知られざる子規の暮らしの数々や、既に病床から眺めるだけであったにも拘わらず、庭の草花を通じ果てしない自然界と繋がっていた子規晩年の暮らしぶりなど、身内でなければ語れないエピソード。また、子規にとって最後の旅となった奈良の宿で出会い「柿食えば鐘がなるなり法隆寺」のモチーフをなったと思われる現存する柿の木を中心に、かつて子規が書いた設計図を基に造園した「子規の庭」の保存活動など、万葉祭に相応しい貴重なお話を伺うことができました。

CIMG3262

CIMG3271

続いて参加者揃っての直会・懇親会では、卓話や懇談の中で、四国民舞輪の会の「正調万葉音頭」と踊りが披露されるなど、優雅なひと時を過ごすことができました。
また今年は、愛媛大学教育学部で教師を目指している学生さん達も参加。
堂々とした挨拶ひとつにも頼もしさを感じました。

CIMG3279

愛媛護国神社では戦後70周年記念事業が進められています。その一環として、みゆき会館の撤去と駐車場の整備が計画されており、愛媛万葉苑の再整備も求められております。皆さんのご協力を得ながら進めたいと考えておりますので宜しくお願いします。

(愛媛万葉苑保存会常任理事・藤原茂)

 

第50回愛媛万葉祭のご案内

2016年3月13日

第50回愛媛万葉は、例年通り5月5日に開催いたします。
(詳細は、追ってUP致します)
今年は、第50回記念として、奈良市から、正岡子規研究所主宰・正岡明先生をお迎えし、子規と漱石、奈良市「子規の庭」のことなどお話しいただきます。
(正岡明先生は、正岡子規の妹・律が養子に迎えた母方の従弟・加藤忠三郎の次男。造園家・樹木医)
どうぞお楽しみに。