12月8日 万葉苑だより

2019年12月10日

令和元年12月8日(日)

 今日は定例の万葉苑奉仕日です。晩秋の万葉苑は幸い小春日和に恵まれて絶好の奉仕日でした。苑内の紅葉は少し時期遅れとなりましたが。まだまだ一見の価値ありでした。晩秋・紅葉の万葉苑の風景はいかがでしょうか。

晩秋の万葉苑

 頃は師走、皆さん何かと多忙な歳末にも関わらず16名ほどの奉仕を受けました。殊に三浦さんご夫妻は遠路西条から家族三人でのご参加。毎度のことながら頭が下がります。

 今日は先月に続いて物置小屋の前の、紅葉園の一部の整備。宮内さんを中心にブロックでの区画づくりが進行しておりました。

今日のミニ講座は「ゑぐ(くろぐあい)」 歌は

 君が為山田の沢に恵具摘むと 雪消の水に裳の裾濡れぬ

 (巻10~1839…作者不詳)

正月料理以外には滅多に食べない食材。慈姑の目がよく目立つところから「芽出たい」と縁起を担いでの活用との説が有力。

 ところで、愛媛新聞11月29日付け「てかがみ」欄の「小春の万葉苑」と言う松山市在住の川田百合子さん(88才)の記事が話題になりました。内容は省略しますがいかにも晩秋の万葉苑を楽しんで頂けたかと、味わい深い嬉しい文章でした。そんな話のきっかけで万葉苑にテント張りの小休憩所を構えようと話が弾んでいました。

 今回もまた宮内さんが新産品「パパイヤ」と奥さん手作りの「パパイヤのキンピラ」さらに「パパイヤ料理のレシピあれこれ」の紹介がありました。珍しい野菜や料理に大いに啓発させられました。

青パパイヤ

いよいよ師走。29日には「正月準備作業奉仕の日」です。ご都合のつく方歓迎です。また、明けて1月5日は例年通り「七草がゆ(ボーイスカウト餅つきと合同)」の日です。多数のご参加をお願いします。歳末特にご自愛の上よい年をお迎えください。

(藤原)

11月10日 万葉苑だより

2019年11月10日

令和元年11月10日(日)

 今日は定例の万葉苑奉仕日です。暦の上では昨日立冬を迎えたところですが朝から快晴、風もなく穏やかな晩春日和でした。

 今日は物置小屋の前の、紅葉園の一部を開墾・土壌改良をして縁取りにオタフクナンテンを植え付けました。日当たりがよく各種の万葉花などが植えつけられる予定です。

紅葉園の一部を開墾

 今日のミニ講座は「やまたづ(にわとこ)」で

 君が行き日長くなりぬ山たづの 迎へを行かむ待つには待たじ

  衣通王(巻2~90)

でした。
各地の山野に自生する落葉小低木。髄が太く子供のころこの髄をとって遊んだ記憶がある。接骨木の名の漢方薬があり幹や枝の黒焼きが骨折や打ち身に効くと言われている。この歌は禁断の恋で道後に流刑された木梨軽太子を慕った衣通姫の歌で、兄妹の悲恋物語は松山の姫原に軽之神社と比翼塚に残っている。そっくりの歌で磐姫皇后の

 君が行き日長くなりぬ山たづね 迎へを行かむ待ちにか待たむ

  磐姫皇后(巻2~85)

があるが、「やまたづの」と「山たずね」の違いで意味は全く違う。

この後宮内さんが持参された(雲南百薬・別名オカワカメ)の酢物を試食した。ワカメそっくりで歯切れもよく美味しかった。百薬と言われるくらい栄養価が高く様々な成人病に効果抜群とか。調理はおひたし、酢物・ごまだれ・ドレッシング・味噌汁・肉炒めなど万用向きとか。栽培も簡単と苗を持参され参加社一同来年が楽しみと有難く頂いて解散。

2019111002

(藤原)

11月2日 万葉苑便り

2019年11月5日

令和元年11月2日(土)

 今日は午前中陸上自衛隊松山駐屯地から、ヘリコプターの体験搭乗の招待を頂き、万葉苑仲間の二宮さんと一緒に参加してきました。言うまでもなく、自衛隊は我が国と国民を護るため昼夜を分かたず活躍されています。殊に最近のように災害が多いと、そのご苦労も筆舌に尽きないものと察しられます。自衛隊としてはこのような実態を国民に知ってもらい、理解してもらうための広報活動の一つとして実施されているようです。

陸上自衛隊松山駐屯地

 この日は幸いに絶好の秋日和で風もなく最高の飛行日和でした。9時過ぎ体験搭乗者30余名が揃うと、内野駐屯地司令から体験搭乗についてのご説明など歓迎のご挨拶がありました。続いて隊員から搭乗注意などの後、6班に分かれて順次搭乗しました。私たちは6班で二宮さんのほか坂村真民記念館長夫妻とともに搭乗。小野の自衛隊基地を飛び立ち桜三里の手前からゴルフ場の上空を経て平井・畑寺・東野・湯山・道後・山越・城山などを一周しました。乗っている機体の影が地上に見えるほどの低空を比較的ゆっくりと飛んで頂き快適でした。

ヘリコプター体験搭乗

そのあと装甲車の体験乗車もあり、砲塔に立っての営庭一周もまた爽快でした。招待を受けた知人から「不安はないか」と聞かれ、「『人命救助のエースヘリ』に不安なんか毛頭なし」と答えると「なるほど」と。ともかくも、94年の生涯での初体験をさせて戴き、若き日の旧軍時代の体験を思い出しながら、自衛隊の活動の一端に触れることができ心から感謝いたしました。

 
 この日の午後は、県立松山北高校家庭科クラブの万葉苑清掃奉仕を受けました。14時過ぎ山内先生の引率で総勢181名の参加を得ました。これまでの最高の人数で掃除道具の足らない生徒は草引をしてもらい苦労を掛けました。

松山北高校家庭科クラブ

松山北高校家庭科クラブ

およそ40分の作業でしたが、苑内や慰霊碑は見事にきれいに清掃されました。この機会に万葉苑の由来や、令和改元と万葉集の関係についてもお話しさせていただきました。有難うございました。

(藤原)

10月13日 万葉苑便り

2019年10月15日

令和元年10月13日(日)

 今日は定例の奉仕日。台風一過の上天気で心地よい日の筈が、台風19号の被害が広範囲に大きな災害をもたらしたとか。心からお見舞い申し上げます。
以前は豊後水道や紀伊水道は台風銀座と言われていましたが、最近は少し事情が変わってきました。しかし油断大敵、災害対策には普段から心掛けましょう。

 今日のミニ講座のテーマは「ひし」巻7~1249人麻呂歌集の
「君がため浮沼の池の菱摘むと 我が染めし袖濡れにけるかも」
苑には現在「ひし」がありませんが、近く補植します。子供のころ食べた記憶を話すと同じような経験を持った人が数人おられました。
 今日は併せて先日担当した遺族会研修会の講座「改元と万葉集」に関わるメモを紹介しました。改元の理由4項目。万葉仮名と万葉集。四書五経。漢字・国字。年号換算等など。

万葉集と改元メモ

 ところで、今日の昼食は伊予自慢の「芋焚き」ご婦人方の成果に感動。配られた飲み物に色がついている(日本酒でなくお茶のせい)とジョークが出るほどの美味。感謝・感謝。ところが、昼食時にたまたま台風の余波か、強風に日除けのブルーシートがあおられひと騒ぎ。この時間この距離に余波とは?

芋炊き

 今日はまた、気になっていた楠の大木の枯れ枝、宮内さんと河本さんにより無事除去して頂きました。満が一車や人に落ちたらとあんじておりましたがほっと一安心。上甲さんとウス井さんの池の掃除もご苦労さまでした。
 松山の地方祭や護国神社の秋の例大祭も無事に終わり、一気に秋も深まって行き落葉に悩まされる頃となります。くれぐれもご自愛を祈ります。

(藤原)

10月6日 万葉苑便り

2019年10月8日

令和元年10月6日(日)

 昨夕から始まった松山地方祭の最中で、お忙しい中のご奉仕ご苦労様でした。今日は護国神社の秋の例大祭を前にして、苑内や慰霊碑の清掃のため三宅県議グループの奉仕。まことに有難うございました。

 今日のミニ講座のテーマは「みつながしは(かくれみの)」。
「みつながしは」は、集中巻2の90「君が行き日長くなりぬやまたづの 迎へを行かむ待つには待たじ…衣通王」の後註から採られています。
ところが、巻2の85には「君が行き気長くなりぬやまたずね むかへか行かむ待ちにか待たむ…磐姫皇后」があり、古事記、日本書紀、山の上憶良の類聚歌林でそれぞれ説明が異なっています。
ここでは衣通王の歌は松山の姫原の伝説に縁があり、やまたづ(にわとこ)で解説しています。

2019100601

今日もまだ「おもひぐさ(ナンバンキセル)」が咲いており、ムラサキは多くの種子を着けて白い実が目立ってきました。
ところで、今日は白石さんと小倉さんから聞いたのですが、万葉苑にも遂に鹿や猪が出たそうです。市内に猪が出たと言うニュースは承知しており、ましてや高縄山系に連なる万葉苑では不思議ではありません。しかし、やはり驚きでした。

2019100602

2019100603

(藤原)