9月13日 万葉苑だより

2020年9月13日

令和2年9月13日

 台風後の奉仕日は不安定な天気予報でしたが、朝パラリと小雨があっただけで天気は回復。時折は秋らしい風もあり好天のお陰で18名の参加。

 今日の万葉ミニ講座は「セリ」。セリと言えば早春のもの。季節はずれの感がするが、実は愛媛万葉苑の万葉植物目録には150種採用されていますが、アザサを加えて151種となっています。たまたまその二巡目の最後に当たったのがセリでした。ミニ講座も都合302回目となりました。単純に計算しますと35年と2か月になります。あたかもこの日は私の95回目の誕生日。よい記念になりました。

 セリの歌は

  「丈夫と思へるものを太刀偑きて かにはの田井に芹子ぞ摘みける」

  巻20~4456…薛妙観命婦

これは橘諸兄が薛妙観命婦に贈った「芹と歌」に対する返歌です。おどけて感謝の気持ちを贈った歌です。

 今日は丹原さんが苑の中央にある五葉松の剪定をされていました。一寸した手入れで見事な形になりました。優れた技術に感心しておりました。

(参加者:白石、大竹、小倉、河本、上甲、井上、辻原、村上、浜口、辻内、宮﨑(さ)、宮﨑(ゆ)、藤原、丹原、重松、宮内、安永、瀬川)

 (藤原)

8月9日 万葉苑だより

2020年8月9日

令和2年8月9日

 梅雨明け後の奉仕日は猛暑の日。にもかかわらず20余名の参加。三宅県議一行のほか隊友会の皆さんお揃いで恐縮です。今日は神社の額田宮司さんから皆さんへ「お授けもの」を頂きました。有難うございました。


 

 今日の万葉ミニ講座は「かつら」と「さきくさ」。
実は私のミスで重複しましたので、季節柄「かつら」を選びました。

歌は作者不詳の

 「向つ丘の若楓木下枝取り 花待つい間に嘆きつるかも」

でした。

「かつら」を詠んだ歌は3首あるが、実体の「かつら」を読んでいるのはこの歌だけである。県下では面河の大成と、大洲の出石寺、伊予三島の巨木が有名。


 

 他に今朝の読売朝刊にあった、京大広井教授の「コロナ後、持続可能な社会に移れるか、分岐点は5年後」という記事を紹介。
全国で8万箇所ある「鎮守の森」の効用を披露した。「万葉苑こそそれにふさわしい鎮守の森」であると。


 

 苑内に嬉しい掲示板ができて、長崎大村の梅野幸代さんのお便りが目についた。

 「松山の万葉の道あゆみゆき むらさきの花出逢えてうれし」

と、歌が添えられていた。ご厚志とともに有難く頂きました。

 並んで、わがメンバーの大竹美沙子さんの絵手紙も展示されていました。
大竹さんの作品はたくさん拝見しましたがいつも感心しております。先の京大広井先生の説のように万葉苑のパワーポイントぶりを発揮しましょう。

(藤原)

7月12日 万葉苑だより

2020年7月12日

令和2年7月12日

 梅雨前線の停滞で連日の大雨情報が続き懸念していましたが、何とか時折細雨がちらつく位の天候でやれやれ。と、いうのも今日は「あいテレビ」の取材を受けておりました。

 9:00過ぎ3名の取材スタッフが来苑。奉仕者は天候を案じてか少し出足が遅い。9:30頃から取材開始。奉仕者の作業ぶりから苑内の案内。にぎたつの碑・慰霊碑を回り、あとはアシ、ムラサキ、アザサ、オキナグサ、ナンバンキセルなど万葉歌や植物の生態の説明。それから松山地方の絶滅危惧種や希少植物の保護などについて説明しました。
因みに取材の目的と報道予定などについては未定のようでした。


 

 休憩後は万葉ミニ講座。今日は「アシ(ヨシ)」を詠んだ志貴皇子の歌

  葦辺ゆく鴨の羽がひに霜降りて 寒き夕は大和し思ほゆ

これは志貴皇子が文武天皇の難波への行幸にお供をした時の歌である。

陽暦だと11月9日から24日までの滞在で、それほど寒さの厳しい時期ではないが、寒い朝鴨の羽がいに降りた霜を眺めて、故郷大和を懐かしんだ歌である。なお、志貴皇子は天智天皇の第7皇子となっているが、天智天皇のお子は13人までは分かっているが実態はよく分かっていないようだ。

はっきりしない天候でしたが、参加者は19名でした有難うございました。

(藤原)

6月14日 万葉苑だより

2020年6月17日

令和2年6月14日(日)

気象予報では雨降りだったが朝からまずまずの天候。息子のお嫁さんの車で苑まで送ってもらう約束だったが、都合で少し遅れるとのこと。10時ころやっと到着。もとより苑では作業のさなか、やがて10時の休憩時間。新しいメンバーも増えて19名の参加。

先だってから修理中だった池もきれいに整備されており、ジュンサイの花が咲いていた。白石さんの話では、アザサもよく咲いていたとか。話題はやはり「新型コロナ騒ぎ」世界中大変な事態で、だれにも予測がつかないので困ったものだ。人類の英知に期待するより仕方がなさそうだ。
 

 

今日の万葉ミニ講座は「うのはな(うつぎ)」

 五月山卯の花月夜ほととぎす 聞けど飽かずまた鳴かぬかも

  作者不詳(巻10~1953)

「うのはな(うつぎ)」は各地でよく見かける落葉低木。初夏のころ星形の白い花をつける。野山を白く飾る風景はまさに初夏の絶景である。

歌の意味は「五月の山に卯の花が咲いて月の美しい夜、ホトトギスの鳴く声が聞こえる。このような夜のホトトギスはいくら聞いても聞き飽くことはない。もっと鳴いてくれないかな」

このメモを書いたころまではホトトギスの声を聴かなかったが、一昨日の夜家の周りで確かに鳴いていた。

「卯の花を目がけてきたかほととぎす」と子規も詠んでいる。

(参加者:白石、河本、山之内(保)、山之内(平)、辻原、村上(え)、浜口、村上(仁)、重松、藤原、丹原、上甲、瀬川、安永、弓場、辻内、宮崎、小倉、宮内)

(藤原)

5月10日 万葉苑だより

2020年5月13日

令和2年5月10日(日) 曇り

 新型コロナの騒ぎで大変調の中、4月は雨で休み久しぶりの奉仕日。心配していましたが、万葉苑奉仕には16名の参加をいただき感謝、感謝。

 いわゆる三密には遠く溢れるような新緑に囲まれ、三三五五の管理作業、休憩や昼食・ミニ講座も屋外テントの下で爽やかに行われました。

 今日のミニ講座は雨で流れた4月の「ほよ」と、今月の「あやめぐさ」。「あやめぐさ」は今の「しょうぶ」。5月5日端午の節句には「魔除けや邪気祓い」のためになくてはならない物でしたが隔世の感がする時代です。

 今日はまた護國神社の社報95号をお配りした。連載の「万葉苑だより」には「右近の橘あれこれ」を取り上げ、「みかん県愛媛」の県花や道後湯神社の「菓祖中島神社分社」の由来などに触れておきました。

(参加者:瀬川、大竹、山之内(保)、山之内(平)、河本、辻内、宮崎(小)、宮崎(悠)、弓場、宮内、丹原、安永、辻原、小倉、白石、藤原 計16名)

(藤原)