10月8日 万葉苑だより

2023年10月8日

令和5年10月8日

 今日は三宅後援会の護国神社参拝の日だったが、三宅県議は大阪出張で不在の為奥さまの代理参拝となった。
今日の天気予報はお昼頃から雨の予報、そんなせいか参加者は意外に少なかった。午前中は時折小雨ぐらいで作業にはほとんど影響なし。予定通り10時から正式参拝をした。

 今日の万葉講座は「やまたちばな(やぶこうじ)」。歌は大伴家持の

 「この雪の消残るときにいざ行かな 山橘の実の照るも見む」

でした。
山橘は冬の課題したが、先月で終わったNHKの朝ドラ「らんまん」の中で、万太郎が徳永教授に辞表を出して帰ろうとすると、教授がこの歌の上の句を口ずさむ。すると万太郎がそれを受けて下の句を口ずさむ。中々の名場面でしたので今回取り上げました。やぶこうじと雪の取り合わせは絶妙です。カラー写真を準備しておきました。(希望者には次回お配りします)

今日の奉仕者は、竹松慎一、奥忠 夫、井上雄介、重松美千代、浜口啓子、弓場 嚴、宮内紘直,東方林督、三浦杏奈、三浦 蒼、三浦 静、河本真孝、白石 豊、藤原 茂でした。

藤原

4月9日 万葉苑だより

2023年4月9日

令和5年4月9日

 今日は県会議員選挙の投票日。白石さんも三宅事務所で大変ご苦労さんでした。三宅浩正候補のご当選を祈るばかり。

 万葉苑はいつの間にかすっかり春景色。鮮やかな深緑に包まれていました。苑内では特に「むぎ」が小倉さんの努力の結果、珍しくよく出来ておりました。

 今日は県議選挙の投票日や新学期の始まりの時期と重なり、皆さんお忙しそうでした。

今日の奉仕者は、山之内保行、辻原 實、重松美千代、上甲和由、木野本忠志、丹原克則、小倉ルリ子、河本真孝、三浦美恵、三浦杏奈、白石 豊、藤原 茂 でした。

12月29日 万葉苑だより

2022年12月29日

令和4年12月29日(木)

 今日は好天に恵まれ、歳末にも関わらず20名の参加を得て苑内はきれいに掃除され良い新年を迎えられます。今日こんなに多くの参加を得たのは、隊友会の皆さんと、三宅事務所のご協力のお陰です。参加の皆さんに厚くお礼申し上げます。
ところで当初の計画では28日を予定しておりましたが、年末の為他用と重複が多く急に変更し連絡も取れなかったようです。悪しからずご容赦を願います。

 10時から保存会と三宅事務所の合同で神社の正式参拝を行い、世界の平和とコロナ禍の退散・会員一同の平安を祈念し、今日のミニ講座は休講になりました。

また河本さん力作の俳句・短歌の投歌句箱と掲示板が出来ました。多くの利用者をお待ちしております。今日も宮内さんから沢山の橙の差し入れがありました。深謝。

 新年の奉仕日は1月8日(第一日曜日)です。恒例により七草粥とボーイスカウトの餅つきの共催です。それでは皆様お揃いで良い新年をお迎えください。

山之内保行、安永教一、宮内紘直、猪川菊夫、片伯部孝思、伊賀上勲、中矢均、大西健二郎、竹松慎一、石水吉一、重松美千代、三宅浩正、三宅美香、酒井恭子、石水初子、丹原克則、小倉ルリ子、河本真孝、白石豊、藤原茂

なお弓場巌・小倉ルリ子・河本真孝・白石豊さんは昨28日も参加されていました。

(藤原)

12月26日 万葉苑だより

2021年12月26日

令和3年12月26日

 歳末でご多忙しかも寒さも厳しい中、20名余のご参加有難うございました。今日は予報通りの寒気の襲来で年末大清掃も大変でした。
10時から三宅県議事務所と合同の護国神社正式参拝に参加しました。

 今日は寒さも厳しいのでミニ講座は食前にし、弁当は持ち帰ることにしました。講座は前回12日の「まつ」に続いて「たけ」を取り上げました。

 「我が家戸のいささ群竹吹く風の 音のかそけきこの夕べかも」

  大伴家持(巻19~4291)

わが国では古来「松竹梅」を三友と親しんできました。また高潔さを君子に例えて「梅菊蘭」と共に四君子とも称されてきました。

今日もまた宮内さんから「橙・レモン」などの差し入れがありました。

藤原

12月12日 万葉苑だより

2021年12月12日

令和3年12月12日

 今日は師走には珍しく好天気で参加者も25名と多勢。しかも歳末御多忙の中を塩崎衆議院議員と三宅県議も参加いただきました。心から感謝いたします。

苑内の紅葉は盛りも過ぎて専ら散り急ぐ感じ。掃いてもはいても散る落ち葉には風流を超越しての感。それでも帰路に着くころは面目一新綺麗になりました。

 今日のミニ講座は「まつ」。歌は有馬皇子の

 「磐代の浜松が枝を引き結び 真幸くあらばまた還り見む」

有馬皇子が斉明四年(六五八)蘇我赤兄の謀略に掛かって反乱を企てたが捕らえられ謀殺された途中の歌で、十九才の皇子の心願の歌です。

松は本来四季を通じて色を変えず樹齢も長いことから神性・霊性の宿る木として神聖視されてきました。

歳末の時期お目出度い歌も

 「茂岡に神さび立ちて栄えたる 千代松の木の年の知らなく」

  紀朝臣(巻六~九九〇)

今日はまた宮内さんから「岡ワカメとみかん」丹原さんから「愛宕柿」の差し入れがありました。宮内さんには「おぎ」を採集してきていただきました。深謝々々…

藤原